金属熱処理の大阪化学研究所

ご挨拶
会社概要
製品案内 薬剤 その他
生産技術
採用情報
お問い合わせ
HOME
地図・交通手段
リンク集

水系浸炭防止剤|AVION®C100

AVION「アビオン」は現場経験の豊かな冶金学者が考案した特殊な組成物で、従来の水系のもつ多くの欠点を補い、問題点を解決した、環境に優しい防炭剤です。
現在米国を中心に欧州の航空機、自動車、一般諸機械、他、それらの関連部品業界で、バッチ、連続ガス浸炭、真空炉等に広く実績をもつ高性能浸炭防止剤です。

水系浸炭防止剤イメージ

製品の特徴

  • 水系ー非危険物扱いー希釈溶剤不要
  • 作業者への安全性に優れる
  • 防炭性が優れている
  • 乾燥性が優れている
  • 乾燥後の再吸湿性なし
  • 処理後の剥離性に優れる

使用方法と注意点

  • 塗布前のワーク表面は一般的手法で洗浄して下さい。
  • 塗布作業前に容器内を撹拌、内容物の均質化をはかると、よりスムーズな塗布が出来ます。
  • 使用中に水分が蒸発、徐々に粘度が上昇します。その場合、ごく少量の水を添加、十分に撹拌、元の適正な粘度に戻し使用して下さい。この時、薄め過ぎないよう注意して下さい。
  • ケース深さは6mmまで、また1050℃の高温雰囲気まで使用可能です。目安としては、3.1mmの場合、400ミクロン程度の膜厚で十分です。ケース深さが更に深くなる場合は、膜厚を更に厚くして下さい。過剰な塗布を避け、厚塗りを必要とする場合は薄塗りを繰り返すほうが得策です。
  • 通常有効性分を均一に維持するため、使用中は適時撹拌して下さい。
  • 塗布後の乾燥は十分にして下さい。室温での乾燥は可能ですが、80℃で乾燥時間の短縮も可能です。乾燥の目安は、手の感触で塗面が堅固で柔軟でないことです。
  • 乾燥後の途膜は安定で、経験上少なくとも90日までは維持可能です。
  • 熱処理後のワーク表面の残さは温水で除去できます。

取扱い上の注意

本品は工業用薬品です。本品を飲むと有害です。使用、保管に際しましては、換気の良い場所を選んで下さい。 使用後は手を洗い、必ず蓋をして保管して下さい。商品の安定性は製造後12ヶ月です。

荷姿

(プラスチック・缶入) 4.5Kg[標準1ケース4缶入]